ニュース 2021.05.20. 20:50

西武、投打かみ合い連敗ストップ ニールは6回1失点で今季初勝利

無断転載禁止
西武のザック・ニール (C) Kyodo News
2021.05.20 17:45
埼玉西武ライオンズ 7 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
メットライフ
○ 西武 7 - 2 ソフトバンク ●
<12回戦・メットライフ>

 4月21日を最後に貯金生活から遠ざかっている西武が連敗を「2」でストップ。今季2試合目の登板だったザック・ニールは6回6安打1失点で今季初勝利を掴み、チームの借金を「2」に減らした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 西武は2回二死から7番・呉念庭の4号ソロで先制。先発のニールが5回に9番・今宮健太に適時打を許し振り出しに戻されたが、直後の5回裏に9番・スパンジェンバーグの四球から一三塁と好機をつくり、2番・源田壮亮の左犠飛で再び勝ち越し。続く6回にはイニング先頭の5番・栗山巧が相手先発・石川柊太のカーブをバックスクリーン左へ放り込み貴重な追加点を奪った。

 3-1の7回から継投に入り、2番手・森脇亮介が連打を浴びて1点差に詰め寄られたものの、その裏に犠打を挟んで5連打と畳み掛ける攻撃でダメ押し。もつれそうな展開を集中打で突き放した。

 一発を除いて得点を挙げたイニングは、いずれも9番・スパンジェンバーグの出塁から上位打線につながった展開で、1番・若林楽人は1安打1犠打で得点機を演出。2番・源田壮亮は今季4度目の猛打賞、森友哉、中村剛也の中軸も各2安打と活発な上位打線が光った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西