ニュース 2021.05.21. 21:37

DeNAが連敗ストップ 4回に送球エラーの大和がV打「何とか返したいなと」

無断転載禁止
DeNA・大和[撮影=萩原孝弘]
2021.05.21 17:30
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 5 横浜DeNAベイスターズ
神宮
● ヤクルト 3 - 5 DeNA ○
<10回戦・神宮>

 DeNAは連敗を「5」でストップ。同点で迎えた9回、二死から好機を作り、2番・大和が試合を決める2点適時二塁打を中堅後方へ運んだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 DeNAは7番・牧の先制適時打、6番・宮﨑の4号ソロなどで3点を先取するも、先発のロメロが遊撃・大和の送球エラーから崩れ4回途中6安打2失点(自責点1)で降板。リリーフ陣は粘り強くゼロを刻んだが、1点リードの8回に6番手・山﨑が同点打を浴び3-3の同点に追いつかれた。

 それでも最終9回、二死から代打・関根、1番・桑原の連打で一、二塁の好機を作ると、続く大和が中越え2点適時二塁打を放ち接戦に勝利。山﨑が今季3勝目(1敗)、三嶋は6セーブ目(3敗)をマークした。

 大和はヒーローインタビューに応じ、殊勲打を振り返る前に「4回に自分のエラーからピッチャー陣を苦しめてしまった。すごく悪い流れだったので、何とか返したいなと思いました」とミスを陳謝。「2アウトから作ってくれたチャンス。何とかモノにしたかった」と、好機を演出した関根と桑原のつなぎにも感謝した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西