ニュース 2021.05.21. 21:08

西武、投打噛み合い2連勝 髙橋が貫禄投球、7回1失点でトップに並ぶ5勝目!

無断転載禁止
西武・髙橋光成 (C)Kyodo News
2021.05.21 17:45
埼玉西武ライオンズ 7 終了 1 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ
○ 西武 7 - 1 日本ハム ●
<7回戦・メットライフ>

 快勝した西武は2連勝。7回6安打1失点と好投した先発・髙橋光成投手(24)が、開幕から負けなしでリーグトップに並ぶ5勝目を手にした。

 西武は2回、6番・山川が4号ソロを左中間席へ運び先制。同点に追いつかれた直後の5回は一死二、三塁の好機で4番・中村が左翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放ち、ベテランは「(直前の暴投で走者が)二、三塁に変わったので気持ちが楽になりました。ランナーを返せてよかったです」と振り返った。その後も6番・呉念庭の右前適時打、7番・スパンジェンバーグの右翼線適時二塁打などで3点を追加。一挙5点のビッグイニングとした。

 先発の髙橋は立ち上がりから安定した投球。5回に二死から同点に追いつかれたが、逆転打は許さず最少失点で凌いだ。7回は連打で無死一、二塁のピンチを招いたが、代打・杉谷を注文通りの二ゴロ併殺斬り。最後は1番・五十幡を見逃し三振に仕留め、7回103球、6安打1失点、6奪三振3四球の好投で開幕から無傷の5連勝とした。

 エース右腕はこれで、3勝目を挙げた4月16日のソフトバンク戦(メットライフ)から6試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を達成。今季の登板試合は6勝3分けとなり、チームは9戦無敗となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西