ニュース 2021.05.23. 17:01

中日、巨人に快勝し交流戦へ 福谷6回1失点で2勝目、ビシエドV弾含む2打点

無断転載禁止
中日・福谷浩司 (C) Kyodo News
2021.05.23 14:00
中日ドラゴンズ 4 終了 1 読売ジャイアンツ
バンテリンドーム
○ 中日 4 - 1 巨人 ●
<11回戦・バンテリンドーム>

 2回に3点を奪った中日が逃げ切り勝ち。交流戦前最後のリーグ戦を勝利で飾り、借金を「6」に減らし2年ぶりの交流戦に臨むことになった。

 中日は2回、巨人の先発左腕・今村に対し、4番・ビシエドの右越え6号ソロで先制。さらに5番・高橋周の二塁打、6番・阿部の四球で無死一、二塁とし、7番・根尾が中前適時打を放ち2点目を奪った。8番・桂は三ゴロ併殺に倒れたものの、なおも二死二塁で先発投手の9番・福谷が今季2打点目となる適時打を中前へ。4本の長単打を集中し、今村をこの回途中でノックアウトした。

 2点リードで迎えた7回は、ビシエドが中堅フェンス直撃の適時二塁打を放ち4点目。ビシエドは一発を含む3安打2打点の働きでチームを勝利へ導いた。

 先発の福谷は3回に1点を失うも、中盤以降は危なげない投球で6回99球、3安打1失点、8奪三振3四球の好投。7回以降は福、谷元、又吉、R.マルティネスが無失点リレーで締め、福谷は1ヵ月ぶりの白星となる今季2勝目(4敗)、R.マルティネスは6セーブ目(1敗)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西