ニュース 2021.05.23. 19:25

DeNA・今永の復帰登板は5回途中6失点 村上特大アーチなど2被弾

無断転載禁止
DeNA・今永昇太
2021.05.23 17:30
東京ヤクルトスワローズ 10 終了 5 横浜DeNAベイスターズ
神宮
ヤクルト - DeNA
<12回戦・神宮>

 左肩のクリーニング手術から完全復活を目指すDeNAの今永昇太投手(27)は23日、敵地で行われたヤクルト戦で今季初先発。野球日本代表・侍ジャパンの稲葉篤紀監督ら代表関係者が見守るなか、5回途中7安打6失点と打ち込まれる復帰登板となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 立ち上がりからヤクルト打線に捕まった。1点を先制した直後の初回、1番・塩見泰隆と2番・中村悠平に連打を浴びてわずか3球で同点にされると、連続四球も絡む打者9人の攻撃で計3失点。2回は三者凡退と立て直したかに思われたが、3回一死から5番・オスナに2号ソロ、5回は3番・山田哲人の左翼線適時打に続いて4番・村上宗隆に右中間席中段へ飛び込む特大アーチを浴びた。

 昨年8月15日のヤクルト戦以来281日ぶりの一軍マウンドは、4回1/3(93球)を投げて被安打7、与四球3、失点6の内容。最速146キロを計測したストレートと宝刀・チェンジアップのコンビネーションなどで計6三振を奪ったが、最後はヤクルト打線に集中打を浴びる苦しいマウンドだった。

 今永は降板後、「良い球と悪い球がはっきりしていて、甘く入った球を打たれて、ランナーを出してからも粘ることが出来ず、逆転を許す投球になってしまいました」と自身の投球を振り返り、「次回登板では先発として、しっかりとゲームメイクできるようにしたいと思います」と悔しさを滲ませていた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西