ニュース 2021.05.26. 06:45

ロッテに流れ引き寄せた井口采配と勝利もたらす助っ人の一撃!谷繁氏「恐るべし」

無断転載禁止
7回に追撃の右前適時打を放ち「よっしゃー」と叫ぶロッテ・鳥谷
2021.05.25 18:00
阪神タイガース 3 終了 5 千葉ロッテマリーンズ
甲子園

迷いなき指揮官の決断


 ロッテが終盤の逆転劇で阪神に5−3で勝利し、交流戦の初戦を白星で飾った。

 25日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で、この試合の解説を務めた谷繁元信さんは、ロッテの井口資仁監督が見せた迷いのない采配と、試合を決めたマーティンの打撃に感嘆した。

 ロッテは初回に相手のミス絡みで先手を奪ったものの、3回に先発の二木康太がマルテとサンズに被弾し、逆転を許してしまう。

 しかし7回表、一死後に角中勝也が7球粘ってヒットを放つと、次打者・藤岡裕大の打席でエンドランを仕掛け、これが成功。一死一、三塁とし、代打・鳥谷敬の適時打で1点を返した。

 この攻撃に谷繁さんは「2点差あるにも関わらずエンドランをかけて仕掛ける。なかなかできないんですよ、これは。ここから流れを掴んで、鳥谷を出してタイムリーに持っていく」と語り、リスクを承知した上で思い切った采配を見せた指揮官の胆力に感心した。

 さらに8回には、阪神のセットアッパー・岩崎優から先頭の荻野貴司がヒットで出塁。続くマーティンが2球で2ストライクと追い込まれながら6球目のスライダーを強振し、右翼スタンドに逆転2ランを放り込んだ。

 これには谷繁さんも「見ていて笑てしまった」とコメント。「追い込まれているにも関わらず、これだけフルスイングできるのは、マーティン恐るべしですよ」と感嘆。同じく解説の野村弘樹さんも「あれだけフルスイングされるとピッチャーとしては気持ち悪い」と同意した。

 谷繁さんは、さらに3番・中村奨吾が二塁打で出塁し、無死二塁で4番の安田尚憲に代打を送った采配にも言及。「逆転したにも関わらず4番の安田に代打でピンチバンター。これは失敗したんですけど、選手たちがベンチの動きを全て感じとっている」とコメント。

 結果的に代打・岡大海の犠打は失敗に終わるも、続くレアードが適時打を放ち加点。この日の放送でMCを務めた大久保も、一連の流れを「監督が作った」と頷いた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西