ニュース 2021.05.26. 20:38

阪神・秋山、8回1失点で4勝目 打席でもキッチリ2犠打、上位陣の適時打呼ぶ

無断転載禁止
阪神・秋山拓巳 (C)Kyodo News
2021.05.26 18:00
阪神タイガース 3 終了 2 千葉ロッテマリーンズ
甲子園
○ 阪神 3 - 2 ロッテ ●
<2回戦・甲子園>

 逃げ切った阪神は今季の交流戦初勝利。貯金は再び今季最多タイの「16」となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神は3回、先頭の8番・小幡の四球、続く秋山の捕犠打で一死二塁の好機を作ると、1番・近本が左中間を破る適時二塁打を放ち先制。ロッテ先発・岩下の暴投で近本は三塁へ進むと、続く中野の左犠飛で2点目を奪った。

 5回も先頭の小幡が二塁への内野安打で出塁すると、続く秋山は再び送りバントをキッチリと決め好機演出。二死後、中野がバットを折られながらも適時二塁打を右翼線へ運び3-0とリードを広げた。

 先発登板の秋山は初回からテンポ良くアウトを重ね、2回途中から5イニング連続3者凡退を含む18打者連続アウトをマーク。8回に一死から連打を許し1点を返されたが、最後は代打・井上を遊ゴロ併殺に退けリードを保った。右腕は8回106球、3安打1失点、6奪三振無四球の快投。打席では2犠打1四球をマークし、投打両面でチームに良い流れを呼び込んだ。

 2点リードの9回、守護神のスアレスが1点を返されたが、最後は二死二塁のピンチを凌ぎ14セーブ目締め(1勝)。粘るロッテを振り切り、先発の秋山は4勝目(2敗)をマークした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西