ニュース 2021.05.30. 18:07

阪神の高卒2年目・及川が救援登板でプロ初勝利「少しびっくりしている」

無断転載禁止
3回途中から登板し、プロ初勝利を挙げた阪神・及川=メットライフドーム
2021.05.30 13:00
埼玉西武ライオンズ 8 終了 9 阪神タイガース
メットライフ
● 西武 8 ― 9 阪神 ○
<3回戦・メットライフドーム>

 阪神の高卒2年目左腕・及川雅貴投手(20)が30日、敵地で行われた西武との交流戦に2番手で登板し、嬉しいプロ初勝利を掴んだ。

 28日の西武戦に続いて中1日で自身2度目の一軍登板となった左腕は、1点ビハインドの3回一死二塁の場面で登板。いきなり5番・呉念庭に適時二塁打を許し点差を広げられたが、直後の攻撃で打線が奮起し同点に。続投した4回も先頭の川越誠司に安打を許すなど得点圏に走者を背負ったものの後続を断ち無失点。5回表に梅野隆太郎の1号2ランで勝ち越し、20歳の左腕に勝利投手の権利が舞い込んできた。

 終盤も点を取り合う息詰まる展開になったが、最後は守護神のスアレスが締めて9-8でゲームセット。2番手として1回2/3(31球)を投げ、打者9人に対し2安打2四球、自責点0に抑えた及川がプロ初勝利を手にした。

 ヒーローインタビューに応じた及川は、「嬉しい気持ちもあるんですけど、こういった形で初勝利するとは思ってなかったので、少しびっくりしている」と率直な胸の内を語り、「自分だけの初勝利ではなく、野手の方々も打って点をとっていただいての初勝利」とチームメートへの感謝を口にした。


ヒーローインタビュー・一問一答


――初勝利の気持ちは?
まず率直に嬉しい気持ちもあるんですけど、こういった形で初勝利するとは思ってなかったので、少しびっくりしている気持ちもあります。

――チームメートから祝福
自分だけの初勝利ではなくて、野手の方々も打って点をとっていただいての初勝利。嬉しかったです。

――どのような意識をしてマウンドへ?
3回にマウンドへ上がるとき、絶対に無失点で抑えなくちゃいけないところで点を取られたところは反省している。次の回は抑えられたのでよかった。

――今日の投球はどこがよかった?
前回に続きちょっと緊張していたんですけど、しっかり自分の強気のピッチングということを持って投げることが出来た。

――ウィニングボールは?
両親に渡そうかなと思っています。

――どんなピッチャーに?
中継ぎとして今日は役目を果たすことは出来なかったかもしれませんが、これからは自信を持って無失点で抑えていけるようにがんばりますので、今後とも応援よろしくおねがいします。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西