ニュース 2021.05.31. 07:14

“意識徹底”はできていたのか? 岩本氏が日本ハムバッテリーに注文

無断転載禁止
日本ハムを率いた栗山監督(左)と荒木投手コーチ(右)
2021.05.30 14:00
北海道日本ハムファイターズ 1 終了 4 中日ドラゴンズ
札幌ドーム

2番手・玉井が一死も奪えずに降板


 日本ハムは5カード連続の負け越し。中日をホームに迎えたカード3戦目は、打線が1得点に抑え込まれ、新助っ人の先発・アーリンが5回途中3失点で来日初黒星(1勝1敗)を喫した。

 30日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した岩本勉氏は、1点ビハインドの5回一死三塁で2番手・玉井大翔が登板した場面に注目した。

 日本ハムはこの場面で内野が前進守備を敷いたが、玉井は2番・三ツ俣大樹にボール2から甘く入った3球目のカットボールを中前へ運ばれ失点。さらに3番・福田永将にも右二塁打を打たれ二三塁のピンチを招くと、4番・ビシエドに対しては勝負を避けるような敬遠気味の四球。一死満塁となったところで玉井は降板し、3番手・河野竜生が投手ゴロ併殺で大ピンチを切り抜けた。

 玉井が最初の打者に適時打を打たれた場面について、岩本氏は「低めにボールを集めてゴロを打たせたい場面。それを求められてのマウンドなんですが、高いんですよね…」と失投を指摘。

 打者3人に対して2安打1四球と、一死も奪えずに降板した姿に「ストライクを投げるのに精一杯。目的を見失っていたように見えてしまった。『なんとなく強い球を投げよう』という玉井がいましたね」とコメントした。

 ただ、玉井のパフォーマンス以前に「マウンドに上がる前にベンチでピッチングコーチ、もしくは監督が『お前さんの役割はこうなんだぞ!前進守備で低めにボールを集めて三振をとる、そのボールに当てられても内野ゴロ。ゴロで内野手の間を抜けるのは仕方ないんだ』っていうくらいの徹底した意識付けがあったのかどうか。そのあたりにクエスチョンマークが浮かんだ」と、首脳陣も含めたチームの姿勢にも言及。

 最後には「試合を見直した時に玉井もそのあたり気づくと思うし、キャッチャーの鶴岡もそのあたりの徹底は必要だったな、と感じてくれると思う」と、エールも込めて熱弁を振るっていた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西