ニュース 2021.06.03. 07:44

阪神のスアレスが両リーグトップの17セーブ! 解説陣も抜群の安定感を称賛「スアレスまで来たら九分九厘」

無断転載禁止
阪神・スアレス (C) Kyodo News

両リーグトップの17セーブ目


 阪神は守護神のスアレスが両リーグトップの17セーブ目を挙げて快勝。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 先発の秋山拓巳は走者を背負う投球が続いたが、オリックス打線の反撃を1点に抑え、6回途中8安打1失点の粘投で5勝目(2敗)。リリーフ陣は岩貞、馬場、岩崎、スアレスが無失点でつなぎ、スアレスは17セーブ目(1勝)を記録した。

 2日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊さんはスアレスについて「最大の安心感を与えているの(阪神)ベンチじゃないですかね。ベンチはスアレスまで来たら九分九厘(勝てる)と思っている。もう抜群ですよ」と守護神の活躍を称賛した。

 今季のスアレスは(2日終了時点で)25試合に登板して1勝0敗17セーブ、防御率0.36と安定感抜群の内容。首位を快走するチームに大きく貢献している。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西