ニュース 2021.06.03. 19:45

西武・内海が古巣相手に2回3失点で降板「今日は何もないです」

2021.06.03 17:45
読売ジャイアンツ 4 終了 4 埼玉西武ライオンズ
東京ドーム

 古巣相手に被安打5、与四球4


 西武の内海哲也投手が3日、東京ドームで行われた古巣・巨人戦に先発登板。かつての本拠地で古巣への恩返しを目論んだが、2回で被安打5、与四球4という内容で56球を要し、3回の打席で代打を送られた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 内海は初回、先頭の石川慎吾に四球を与えるも、続くゼラス・ウィーラーを併殺に仕留めて二死とした。ところが、3番・吉川尚輝に再び四球を与え、4番・岡本和真には左翼線に二塁打を打たれて二死二、三塁。ここで打席に入った中島裕之にセンター前に弾き返され、先制を許してしまった。

 続く2回も先頭の廣岡大志に四球を与え、迎えるは自身と入れ替わる形で巨人に移籍した炭谷銀仁朗。かつて自身が流していた登場曲に乗って打席に入った炭谷に投じた初球が外角高めにいくと、打球はそのまま右翼席へ。痛恨の2ランを被弾すると、投手のサンチェスは打ち取ったものの、二塁打、四球、安打で一死満塁のピンチ。迎えた4番・岡本は遊ゴロ併殺に仕留めたが、3回表の打席で代打を送られた。

 降板後、内海は「今日は何もないです」と一言だけ。悔しさの残る古巣との対戦となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西