ニュース 2021.06.03. 22:14

中日が伏兵たちの一発攻勢で逆転勝ち! 今季初の4連勝で交流戦首位ターン

無断転載禁止
大島が右越えに勝ち越しソロを放つ
2021.06.03 17:45
中日ドラゴンズ 4 終了 3 千葉ロッテマリーンズ
バンテリンドーム

 今季初の1試合3発に与田監督「どんどん増やして欲しい」


 中日がロッテとの接戦を制し、引き分けを挟んで今季初の4連勝。早くも交流戦6勝目を挙げ、首位ターンを決めた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<
 
 中日は初回、「2番・遊撃手」で今季初スタメンに抜擢された堂上直倫の本塁打で先制。続く2回にもスタメンに抜擢された井領雅貴の5年ぶりとなる一発でリードを広げた。

投げては先発の勝野昌慶が6回を2安打1失点と好投。7回からは勝ちパターンの継投に入り、福敬登をがマウンドに送り出したが、先頭の角中勝也に四球を与えると、続くブランドン・レアードに逆転2ランを被弾してしまう。しかし、その裏、先頭のダヤン・ビシエドが二塁打を放ち出塁すると、高橋周平の二ゴロで三進。すると、続く阿部寿樹の打席でスクイズを敢行し、試合を振り出しに戻した。

 さらに8回裏には二死から大島洋平の1号ソロで勝ち越しに成功。執念のスクイズと伏兵たちの意外な?一発攻勢で逆転勝ちを収め、試合後には与田剛監督も「数少ないチャンスでしたけど、よく決めてくれました」と選手たちの頑張りを称えつつ、リーグ最小のチーム本塁打の中で生まれた1試合3発に「どんどんホームランを増やして欲しい」と述べ、打線のさらなる活性化に期待を寄せた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西