ニュース 2021.06.04. 06:48

ビタビタの原采配に綻び!? 達川氏「炭谷をわざわざ変える必要があったのか」

無断転載禁止
楽天へ金銭トレードで移籍することになった炭谷銀仁朗
2021.06.03 17:45
読売ジャイアンツ 4 終了 4 埼玉西武ライオンズ
東京ドーム

8回に代打を送り9回に小林を起用するも…


 巨人が今カード初戦同様、9回に追いつかれて4−4の引き分けで試合は終了。あと一歩のところで白星を逃した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 巨人は初回に中島宏之の適時打で先手を奪うと、2回にはスタメンマスクを被った炭谷銀仁朗が、自身の人的補償で西武に移籍した内海哲也から2ランを放って加点。さらに5回にも中島のソロでリードを広げることに成功する。

 その後、先発のサンチェスが6回に西武の森友哉に被弾して1点を返されると、さらにヒットと二塁打で二死二、三塁とされ、左打者のコーリー・スパンジェンバーグを迎えたところで降板。しかし、後を受けた左腕の大江竜聖が空振りの三振を奪ってピンチを脱することに成功する。

 続く7回には3番手の鍵谷陽平が川越誠司に被弾して2点差とされたが、好調な森を迎えたところで今度は高梨雄平を起用して三振に斬ってとる。

 8回は中川皓太の好投と、炭谷の好守もあって無失点。その裏、一死から炭谷に打席が回ったところで原監督は代打でスモークを送り、最終回は小林誠司がマスクをかぶって畠世周をリードしたが、2つの四球とヒットで二死満塁され、栗山巧に同点となる2点適時打を許す展開となった。

 3日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた達川光男さんは「野球界では、(勢いづくと厄介だから)バッテリーには打たせるなと昔から言われてきた」と切り出し、この試合で本塁打を放ち、「そこからリードもノリノリだった」という炭谷を交代させた原采配に注目。それまでは「采配もビタビタ当たっていた」としつつ、「炭谷を変えた途端に原采配が崩れた」と指摘した。

 また、達川さんは「小林を使ったのは悪くないが、炭谷を変えたのが悪い」と、独特の言い回しをみせ、小林のリード云々ではなく、そのまま炭谷を出し続けるべきだったと主張。「ノッている炭谷をわざわざ変える必要があったのか」と疑問を投げかけ、最後に“勝負の鉄則”から外れた采配が、「原監督らしくなかった」との見解を示した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西