ニュース 2021.06.04. 21:28

楽天、3連勝で今季最多の貯金7 涌井5失点も打線の援護受け通算150勝達成!

無断転載禁止
楽天・涌井秀章 (C)Kyodo News
2021.06.04 18:00
広島東洋カープ 5 終了 12 東北楽天ゴールデンイーグルス
マツダスタジアム
● 広島 5 - 12 楽天 ○
<1回戦・マツダスタジアム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天は3連勝で今季最多を更新する貯金「7」。涌井秀章投手(34)は6回10安打5失点と苦しんだものの、打線の援護を受けプロ野球史上49人目となる150勝(135敗)を達成した。

 楽天は初回、4番・島内の中前適時打、6番・黒川の右越え3ランで一気に4点を先取。これがプロ初本塁打となった2年目の黒川は「プロ初本塁打が打てて、素直にうれしいです。ここまで育ててくれた両親に感謝ですね。広島のサードが(智弁和歌山高の)先輩の林さんなので、先輩の前で打てたのもよかったです」と振り返った。

 4回以降も3番・浅村の中前適時打、5番・岡島の6号ソロなどで5回までに7得点。8回は島内の4打点目となる走者一掃の3点適時三塁打などでダメ押しの5点を加えた。

 涌井は4点を先制してもらった直後の1回裏に2失点。4回以降も不運な当たりが重なるなど3点を失ったが、6回113球、10安打5失点、7奪三振無四球の力投で、チームメイトの早川に並ぶリーグトップの6勝目(3敗)を手にした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西