ニュース 2021.06.05. 08:14

中日あと一本出ず敗戦…立浪氏は7回の根尾について「3ボールからのチャンスボールを振ってほしかった」

無断転載禁止
中日・根尾昂

一打同点の場面で凡退


 中日はチャンスを作るもあと1本が出ず、6試合ぶりに敗戦。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日は1点を追う7回は、先頭の高橋周平がセンターへのヒットで出塁。阿部寿樹が送りバントを成功し、一死2塁の好機を作ったが、根尾昂が一ゴロ、代打の福留孝介も見逃し三振と一打同点の場面で1本が出なかった。

 4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた立浪和義さんは7回の根尾の打席で、3ボールからストレートを見逃し、フルカウントでファーストゴロに終わった場面について「ベンチからも『待て』のサインは出てなかったと思うので、3ボールから(ストライクを)取りにくるボールが一番チャンスボール。仮にそれを振りにいって凡打になってもしょうがない。結局、追い込まれて凡打になったわけですから。であればあの真っ直ぐを仕留めにいってほしかった」と指摘。「打てばヒーローになれるので思い切りがほしかった」と積極的な姿勢を求めた。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西