ニュース 2021.06.05. 17:44

ソフトバンクが連敗を4で止める マルティネス6回2失点で5勝目、甲斐2発!

無断転載禁止
ソフトバンクのニック・マルティネス (C)Kyodo News
2021.06.05 14:00
阪神タイガース 2 終了 10 福岡ソフトバンクホークス
甲子園
● 阪神 2 - 10 ソフトバンク ○
<2回戦・甲子園>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクがデーゲーム16連勝中だった阪神に逆転勝ち。引き分けを挟み続いていた連敗を「4」で止めた。

 ソフトバンクは2点を追う6回、5番・真砂が左中間突破の適時二塁打を放ち反撃開始。さらに二死三塁と好機は続き、7番・甲斐が6号2ランを左翼席へ運び3-2と試合をひっくり返した。

 7回は四球と敵失などで一死二、三塁の好機を作り、内野ゴロと適時失策の間に2点を追加。この回は無安打で加点し5-2とリードを広げた。8回は5本の長短打を集中し一挙4得点。9回は甲斐が2発目となる7号ソロをバックスクリーンへ運び10-2とした。

 先発のマルティネスは3回、3番・マルテに先制の2ラン被弾。それでも4回以降は決定打を許さず、6回99球、9安打2失点、4奪三振1四球の粘投でチームトップを更新する5勝目(1敗)を挙げた。マルティネスはこれで、今季初登板から6試合連続の安定投球。チームを連敗ストップに導いた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西