ニュース 2021.06.06. 06:44

交流戦のチーム打率は.299!絶好調・DeNA打線に高木豊氏「桑原・伊藤が頑張れば勝率1位も…」

無断転載禁止
交流戦で奮闘中のDeNA (C) Kyodo News

“新生・マシンガン打線”?


 DeNAが前日のお返しに成功。ロッテを相手に11点を挙げて打ち勝った。

 最後は2点差まで迫られたとはいえ、この日も打ちも打ったり14安打。交流戦のチーム打率は12球団No.1の.299となっている。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 中でもこの日輝きを放ったのが1・2番コンビ。桑原将志と伊藤光だ。

 桑原は第1打席でいきなりフェンス直撃の二塁打を放ち、佐野恵太の適時打で先制のホームを踏むと、2-2と追いつかれて迎えた3回も先頭でセンターのフェンスに直撃する二塁打。宮﨑敏郎の適時打で勝ち越しのホームを踏んだ。

 4回は申告敬遠で歩き、5回の第4打席は右飛に倒れた後、7回の第5打席でライトへの安打。4打数3安打・4出塁という躍動でチームに良い流れを呼び込んだ。



 また、2番の伊藤も安打こそ1本だったが、その一本が良いところで出た。

 3-2と1点リードの4回、二死二塁の場面で目の前の桑原が申告敬遠。一・二塁から美馬学のフォークを見事にとらえると、これがレフトオーバーの二塁打。二者を還して5-2とリードを拡大する貴重な一撃を放った。


 上述した通り、ここまで交流戦チーム打率が.299と絶好調のDeNA打線。5日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した高木豊氏は、「きょうは1・2番で勝った」と解説する。

 パ・リーグの投手たちに襲い掛かる“新生・マシンガン打線”について、「交流戦のDeNAは1・2番を除いて全員が打率3割超えなんですよね。チーム打率も.299ですから」と、3番の佐野恵太からタイラー・オースティン、宮﨑敏郎、ネフタリ・ソト、牧秀悟、そして8番の大和までが交流戦で打率3割以上をマークしている点を挙げ、その前を打つ打者たちの重要性を強調。

 つづけて、「桑原・伊藤が頑張れば交流戦の勝率1位もあり得る」と語り、一気にセ・リーグの台風の目となり得る可能性も示唆した。


 また、同番組に出演した谷繁元信氏は、現役時代に“マシンガン打線”の一員として戦っていた名選手。

 OB目線から見た現在の打線の印象としては、「打つことは打つでしょう」と元々打線に関しては前評判が高かった点を挙げつつ、今後の課題としては「難しいとは思うんですけど、良いピッチャーとそうでない時の差がありすぎるかなと」と語り、その波をなくしていけるかどうかをカギに挙げた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西