ニュース 2021.06.08. 13:44

NPBが交流戦の追加日程を発表 広島は移動日なしの9連戦で日程消化へ

無断転載禁止
マツダスタジアム

広島-日本ハムが交流戦最終戦となる予定


 日本野球機構(NPB)は8日、開催が延期されていたセ・パ交流戦の振替日程を発表。広島は9連戦で交流戦の日程を消化することになった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 新型コロナウイルスの影響で延期されていた開幕カードの広島-西武(マツダスタジアム)は、6月14日と同15日に開催されることが決定。西武はメットライフドームから移動日なしでマツダスタジアムに移動し、8連戦で交流戦のラストを迎えることになる。

 また、3日に降雨ノーゲームとなっていた広島-日本ハム(マツダスタジアム)は16日に振替開催することも決まった。翌17日が共通予備日として設定されているが、順調に日程が消化されれば16日が今季の交流戦ラストゲーム。この追加日程により、広島は8日・ソフトバンク3連戦(PayPayドーム)とオリックス3連戦(京セラD大阪)、振替開催の3試合(マツダ)も含めて、計9連戦で日程を消化することになった。

 今回発表された追加日程は以下の通り。


▼ 日程追加
6月14日(月)広-西[マツダ・18時00分]
6月15日(火)広-西[マツダ・18時00分]
6月16日(水)広-日[マツダ・18時00分]

▼ 予備日追加
6月17日(木)広-西、広-日の共通予備
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西