ニュース 2021.06.08. 21:02

ソフトバンク-広島戦は1対1の引き分け 武田、大瀬良の両先発が7回1失点

無断転載禁止
ソフトバンク・武田翔太(C)Kyodo News
2021.06.08 18:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 1 広島東洋カープ
PayPayドーム
ソフトバンク 1 - 1 広島
<1回戦・PayPayドーム>

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンク対広島の1回戦は投手戦の末ドロー。ソフトバンク・武田、広島・大瀬良の両先発が、ともに7回1失点と好投した。

 武田は初回から奪三振ショーを展開。2回から4回にかけては5者連続で空振り三振を奪った。1点リードの7回、5番・會澤に同点となる左越えソロを浴びたが、7回106球、3安打1失点、10奪三振無失点の快投。今季4勝目とはならなかったが2試合連続で2ケタ奪三振を記録し、降板後「ストレート、変化球ともに調子はすごく良かったと思います。ただ、先制してもらった次の回にすぐに追いつかれてしまい申し訳ないし、悔いの残る投球になってしまった。調子が良かっただけに、とても悔しい。1球の怖さ、大切さを改めて感じた」と振り返った。

 打線は6回、今宮が3号ソロを左翼席へ運び先制。9回は相手守護神・栗林に対し先頭の2番・柳町が中前打で出塁したが、代走の周東が盗塁失敗。最後は左中間へ安打を放った4番・柳田が二塁でタッチアウトとなり試合終了となった。

 広島先発の大瀬良は3回までパーフェクト。立ち上がりは3ボールになるケースが目立ったが粘り強くアウトを重ねた。6回に先制ソロを浴びるも7回99球、4安打1失点、8奪三振1四球の力投。本来の姿を取り戻し、防御率は2.89に良化した。

 8回は塹江、9回は栗林が無失点リレー。栗林は先頭打者の出塁を許したが、バッテリーを組む會澤との共同作業で代走・周東の二盗を阻止するなど、落ち着いた投球で開幕からの無失点試合を「21」に伸ばした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西