ニュース 2021.06.09. 07:44

ソフトバンク・周東の盗塁に疑問符?「どうしてここで…」

無断転載禁止
ソフトバンク・周東佑京
2021.06.08 18:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 1 広島東洋カープ
PayPayドーム

問題は走るシチュエーション


 8日に行われたソフトバンクと広島の交流戦は、武田翔太と大瀬良大地の両先発右腕が好投し、1−1の引き分けという結果に終わった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その中でソフトバンクは9回裏、先頭の柳町達が広島の“守護神”栗林良吏相手に10球粘ってヒットで出塁。ここでベンチは周東佑京を代走で送り出すが、3番・栗原陵矢の打席で盗塁を試みることはなく、栗原も中飛に倒れた。

 そして迎えた4番・柳田悠岐の打席、初球が決まり0ボール1ストライクからの2球目にスタートを切ったが、ウエストしていた捕手・會澤翼は悠々と二塁へ送球。周東は盗塁死となり、柳田は中前安打を放つも、二塁を狙ってアウト。そのまま試合終了となった。

 この9回裏に見せた周東の盗塁について、8日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でMCを務めた大久保博元さんは「バッターが柳田で、走って(成功して)も柳田を歩かせると思うんですよね」と疑問を投げかけると、同放送で解説を務めた笘篠賢治さんも「走るのであれば、栗原の時に思い切って勝負をかけるくらいでないとね。しかも1ストライクの後、ウエストして警戒できるシチュエーションですから、どうしてここで無理をして走ってしまったんだろう」とコメント。盗塁を試みるベストな状況ではなかったとの考えで一致した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西