ニュース 2021.06.08. 22:00

巨人・原監督が執念の「マシンガン継投」!9回で9投手を起用

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督(C)Kyodo News
2021.06.08 18:00
オリックス・バファローズ 3 終了 3 読売ジャイアンツ
京セラD大阪

9イニングでは球団新記録

 巨人の原辰徳監督は8日、京セラD大阪で行われたオリックス戦で9投手を起用。9イニングでは球団新記録となる“マシンガン継投”で、試合は引き分けに終わった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

巨人は少ないチャンスをモノにして2点のリードを奪うと、先発の今村信貴を5回86球で降板させ、6回には畠世周を起用。その畠が1イニングを無失点に抑えると、7回には鍵谷陽平、大江竜聖、高梨雄平の3投手を起用して2点のリードを守った。

しかし8回、原監督が絶対の信頼を寄せるセットアッパーの中川が3本の適時打を許すなど、3失点の誤算で勝ち越しを許す展開に。なおも二死一、二塁という状況で起用した桜井俊貴が四球を与えて満塁。パ・リーグの首位打者・吉田正尚を迎えたところで、左腕の利根千明を送り出し、吉田正を三飛に仕留めた。

すると巨人は最終回の攻撃で松原聖弥が適時三塁打を放ち、土壇場で試合は振り出しに。その裏、この日9人目の投手となったチアゴ・ビエイラが三者凡退に抑え、試合は3−3のドロー決着。今シーズン早くも10度目の引き分けに、指揮官は「今年はいい引き分けが多い」と、負けなかった一戦を評価した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西