ニュース 2021.06.14. 08:00

里崎氏、巨人の7回の走塁に「打ったところを考えても…」

無断転載禁止
7回巨人2死一、二塁、中島の右前打で二走岡本和が本塁を狙うがタッチアウト。捕手柿沼(C) Kyodo News
2021.06.13 14:00
千葉ロッテマリーンズ 5 終了 4 読売ジャイアンツ
ZOZOマリン
 巨人は5点を追う7回に4点を返すも、痛い走塁死で同点までとはいかなかった。

 0-5の7回に亀井義行の押し出し死球、岡本和真の押し出し四球で2点を返し、続く坂本勇人の2点適時打で1点差に迫る。なお、一死一、二塁と好機が続き中島宏之はライト前へ。二塁走者の岡本がホームを狙うも、ライト・マーティンの送球に本塁タッチアウト。

 巨人は7回、6回まで無失点に抑えられていたロッテの先発・小島和哉、この回途中からマウンドにあがった小野郁を攻め、いい形の攻撃をしていただけにもったいない走塁となった。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ロッテ-巨人戦』で解説を務めた里崎智也氏は「今のは岡本の足、打ったところを考えても、2アウトであっても回してはいけなかった」と振り返り、ロッテの7回裏攻撃前にも「小野郁もアップアップだったので、ひょっとしたら次のバッターで逆転という可能性もあったと思うんですよね」と話していた。それだけ、巨人にとって痛い走塁ミスだった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM