ニュース 2021.06.14. 09:30

里崎氏、今季初安打の巨人・小林に「本人が一番ホッとしているのでは」

無断転載禁止
巨人・小林誠司 (C) Kyodo News

 巨人の小林誠司が今季初安打を放った。

 4-0の5回一死走者なしで迎えた第2打席、ロッテの先発・小島和哉が3ボール2ストライクから投じた6球目のストレートを左中間に弾き返す二塁打。これが小林にとって嬉しい今季初安打となった。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ロッテ-巨人戦』で解説を務めた里崎智也氏は「(カウント)3-2からインコース低めの結構厳しいボールでしたけど、コンパクトに振りぬきましたね。本人が一番ホッとしているのではないですか」と小林の打撃を分析。

 続けて里崎氏は「(キャッチャーは)打ってナンボですから。打たないと負けたら文句しか言われないですからね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM