ニュース 2021.06.14. 06:44

楽天がセパ首位対決で3連敗 金村氏が指摘した「消極的」な姿勢とは?

無断転載禁止
楽天・島内宏明
2021.06.13 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 5 終了 6 阪神タイガース
楽天生命パーク

「この差が最後の1点になったのでは」


 楽天はセ・リーグ首位を走る阪神に5-6で競り負け、今季初の同一カード3連敗。一時は交流戦の首位に立ち優勝争いをリードしたかと思われたが、2シーズンぶりの交流戦は9勝8敗1分の貯金「1」に終わった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 楽天は1点を追う4回に逆転に成功したものの、先発の早川隆久が直後の5回表に近本光司に逆転2ランを被弾。その後2-5とリードを広げられ3点ビハインドになったが、7回に黒川史陽の適時打と代打・内田靖人の犠飛で1点差。8回には鈴木大地が同点ソロを放ち、試合を振り出しに戻した。

 しかし9回、守護神の松井裕樹が二死無走者から四球で梅野隆太郎に出塁を許すと、ディレードスチールに悪送球が重なり二死三塁。近本に一塁線を破る適時三塁打を浴び、これが決勝点となった。

 13日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた金村義明氏は、1点ビハインドで迎えた4回裏の楽天の攻撃に注目。無死一二塁から3番・浅村栄斗の適時打で同点とし、なおも無死二三塁の場面で4番・島内宏明の遊ゴロの間に勝ち越しに成功したが、島内の打席内容については「残念だった」と、物足りなさを感じた様子。

 金村氏は接戦を演じた楽天打線を評価しつつも、島内が遊ゴロを放った場面について「ここは思いきっていかなきゃという場面でこのスイング。遊ゴロを打ちにいって1点とりに行っているんですよ。このバッティングは寂しいな」とその姿勢を指摘し、「昨日もバックスクリーンへ打っているくらいですからね。4番ですし、ここは強引に引っ張ってでもどんどん次につなげて大量点という形にしていかないと。ちょっと消極的に見えた。この差が最後の1点になったのでは」と、試合の勝敗を分けたポイントの一つに挙げていた。

 接戦を勝ちきれなかった楽天は、13日終了時点で2位・ソフトバンクと2ゲーム差の1位。いまだパ・リーグ首位には立っているものの、この3連戦は積極果敢に仕掛けてくるセ・リーグ首位の阪神に押される格好の3連敗となってしまった。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西