ニュース 2021.06.15. 10:00

松井秀喜氏が「甲子園にあったバッター」と評価した阪神の打者は?

無断転載禁止
松井秀喜氏
 11日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』で、『ニッポン放送ショウアップナイター55周年 特別広報大使』松井秀喜氏の独占インタビューの模様が放送され、阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明について言及した。

 松井氏は「なかなかああいうルーキーは何年に1回しかいないと思いますので、タイガースはくじ運が良くてよかったなと思いますよ」とコメント。

 松井氏は佐藤の打撃について「ホームランバッターは詰まってもホームランになったり、先っぽに当たってもホームランになったりすることがあるんですよ。これは他の球場だったらホームランだったなとか、そういうのは甲子園のライト方向では出てくると思いますけど、完璧に打ったら全然関係ないと思うしね。彼は逆方向にも大きい打球が打てますし、逆方向は伸びますからね。彼は甲子園にあったバッターだと思いますね」と太鼓判を押した。

 佐藤は5月、打率.301、6本塁打、19打点の成績を残し5月度の月間MVPを受賞。ここまで60試合に出場して、打率.274、16本塁打、44打点とタイガース打線に欠かせない存在となっている。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM