ニュース 2021.06.17. 07:29

交流戦最下位・広島の“光明” 田尾氏が3年目の林を絶賛「応援したくなる選手」

無断転載禁止
広島・林晃汰 (C) Kyodo News

最多安打3度の田尾さんが太鼓判を押す打撃


 広島は交流戦最後の試合を勝利で飾れず…。

 2年ぶりのパ・リーグとの戦いは3勝12敗3分という苦しい結果で幕を閉じた。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 コロナによる離脱者などもあって、なかなか思うような戦いができなかった3週間…。それでも、“ケガの功名”ではないが、この窮地に存在感を見せた若手もいる。

 16日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した田尾安志氏が、「良いところを言っていきましょうよ!」と広島のポジティブな要素として挙げたのが、「林晃汰」の名前だった。

 名門・智辯和歌山高から2018年のドラフト3位でプロ入りした高卒3年目の20歳は、交流戦期間中の16試合に出場し、うち14試合がスタメン起用。ここまで打率.355と苦しむチームに光明をもたらしている。



 田尾氏は林について、「15日の試合も四球ひとつに3打数3安打、16日も2本のヒット。スイングが非常に柔らかく、いろいろなボールに対応できそうな雰囲気を持っている」と、その打撃を絶賛。

 また、プレーだけでなく、「キャラクターもすごくほんわかしていてね。応援したくなるような選手ですよね」と魅力を挙げ、「こういう選手が出てきているので、これから先期待したいですね」と、広島の逆襲にも期待を寄せた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西