ニュース 2021.06.18. 19:07

加藤翔平、衝撃の中日デビュー 2週間前に柳のノーノ―阻止、今度は援護弾!

無断転載禁止
中日・加藤翔平 (C)Kyodo News
2021.06.18 17:30
東京ヤクルトスワローズ 5 終了 2 中日ドラゴンズ
神宮

ロッテ時代も“初打席初球本塁打”でデビュー


 加藤匠馬捕手(29)との交換トレードでロッテから中日へ移籍した加藤翔平外野手(30)が18日、移籍後初出場となったヤクルト戦(神宮)で“初打席初球本塁打”の衝撃デビューを飾った。

 15日に中日への移籍が決まり、この日、出場選手登録され即「8番・右翼」でスタメン出場。0-2と2点を追う3回、一死無走者の場面でヤクルトの先発左腕・石川と対戦し、初球のスライダーを左翼席へ運んだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ロッテ時代にプロ初出場した2013年5月12日の楽天戦でも、初打席初本塁打となるソロ本塁打をマーク。新天地でも“初打席初球本塁打”の離れ業をやってのけた。

 また、この日の先発マウンドに上がった柳とは、6月1日の中日-ロッテ戦(バンテリンドーム)で敵チームとして対戦。この試合、柳は6回一死までロッテ打線を無安打に封じていたが、代打で出場した加藤翔に左前打を浴び快挙達成を逃した。結局、柳が許した安打は一本のみ。右腕は9回1安打無失点の快投で5勝目を挙げていた。

 その約2週間後、今度は頼もしい味方としてチームを勢い付ける挨拶代わりの一撃。初回に2点を失った柳は、笑顔で本塁打を放った加藤翔を出迎えた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西