ニュース 2021.06.19. 07:06

遅れをとった巨人の継投、平松氏「2回に3点取られているのだから…」

無断転載禁止
巨人のC.C.メルセデス
2021.06.18 18:00
阪神タイガース 7 終了 1 読売ジャイアンツ
甲子園

先発・メルセデスの誤算に…


 首位・阪神を7ゲーム差で追いかける2位・巨人は18日、敵地・甲子園での直接対決に対戦防御率1点台の“虎キラー”メルセデスを起用して巻き返しを図ったが、2回に4本の二塁打を浴びて3点を失うと、3回には四球と連打で無死満塁のピンチ。ここで降板となるも、替わった田中豊樹がサンズに満塁弾を被弾して大勢が決した。

 結局、試合には1−7で敗れ、阪神とのゲーム差は「8」に拡大。同日の試合で勝利したヤクルトにかわされて3位に転落した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 18日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた平松政次さんは、3回の場面を振り返り、「無死一、二塁で佐藤輝明を迎えたところで、巨人は大江、高梨という、彼ら変則左腕を使うべきだった」と指摘した。

 そこで佐藤輝明を仕留めてから、「右の田中でも良かったと思う。ワンポイント遅れたような気がする」と述べ、その理由として「2回に3点を取られているので、3回は早め早めの交代でも良かったような気がする」と主張。

 同日の放送で同じく解説を務めた片岡篤史さんも「まだ6月だけど、この3連戦で負け越すと今後がかなり厳しくなる」と述べ、チームとして後がない状況だという危機感が不足していたとの見解を示した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西