ニュース 2021.06.20. 13:30

監督&主砲退場のレッズ3連敗…11戦連続ベンチスタートの秋山は代打で中飛

無断転載禁止
判定に抗議し初回に退場処分を受けたレッズのジョーイ・ボット
○ パドレス 7 - 5 レッズ ●
<現地時間6月19日 ペトコ・パーク>

 レッズの秋山翔吾外野手(33)が19日(日本時間20日)、敵地でのパドレス戦に代打で途中出場したが中飛に倒れた。

「8番・中堅」で先制適時打を放った8日(同9日)のブリュワーズ戦以降、11試合連続ベンチスタートとなった秋山。5-5の同点で迎えた6回、5回5失点だった先発投手の9番・グティエレス打順で代打起用された。イニングの先頭打者としてチャンスメイクしたい場面だったが、パドレスの4番手右腕・クリスマトの2球目チェンジアップに泳がされ中飛。出場は代打のみで打率は.226となった。

 レッズは初回、ハーフスイングを空振りと判定され三振に倒れた4番・ボットが審判に抗議。仲裁に入ったベル監督とともに退場処分を受けた。指揮官と主砲不在のなか5回に5-5の同点に追いついたが、8回に3番手右腕のヘンブリーが決勝2ランを浴び競り負け。敵地で3連敗を喫し、残る貯金は「1」となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西