ニュース 2021.06.20. 17:35

巨人、原監督の執念の采配で勝利!山本昌氏「気迫を感じた」

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督
2021.06.20 14:00
阪神タイガース 1 終了 2 読売ジャイアンツ
甲子園
● 阪神 1 - 2 巨人 ○
<12回戦・甲子園>

 巨人が原辰徳監督の執念の采配で阪神に2-1で勝利し、この3連戦を2勝1敗で勝ち越した。

 0-0の6回無死一塁の場面で、5回まで無失点に抑えていた高橋優貴に代えて代打・香月一也を送る。その香月は見逃し三振に倒れたが、続く1番・松原聖弥が先制の第6号2ランを放った。

 6回裏から登板した2番手・畠世周が佐藤輝明に第18号ソロを浴び、2-1の7回は高梨雄平がマウンドへ。高梨は走者を出しながらも、二死までこぎつける。北條史也に対しても、2ボール2ストライクというカウントにしたが、ここで原辰徳監督が動く。この回からマウンドに上がっていた高梨から鍵谷に投手交代した。その鍵谷は1球目のスライダーで、北條を空振り三振に仕留めた。

 8回もイニングまたぎとなった鍵谷が無失点に抑えると、9回はビエイラが走者を出しながらも、リードを守り切った。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 阪神-巨人戦』で解説を務めた山本昌氏は「首位攻防戦らしい素晴らしい試合。タイガースの方は余裕を持って普段通り戦いましたけど、ジャイアンツは今日負けたら終わるんだくらいの気迫を感じましたね」と振り返り、「今日は随所に『今日勝たないと終わるんだな』という執念を感じましたよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM