ニュース 2021.06.21. 07:29

わずか2安打1得点でドロー…7戦白星なしも「ソフトバンクの強さ」?!

無断転載禁止
ソフトバンク・柳田悠岐選手
2021.06.20 13:00
福岡ソフトバンクホークス 1 終了 1 北海道日本ハムファイターズ
PayPayドーム

43イニング連続適時打なしながら…


 ソフトバンクが日本ハム相手に2安打に抑えられたものの、柳田悠岐の15号ソロで1点を奪って辛くも引き分けに持ち込んだ。

 先発の和田毅は初回、先頭の淺間大基に被弾して先制を許すも、その後は毎回走者を背負いながら粘り強く投げ抜いて6回1失点と粘投。しかし、打線が2安打1四球と沈黙し、43イニング連続適時打なしで7戦勝ちなしと苦しい状況が続いている。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 それでも、20日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた高木豊さんは、「2安打でも引き分けに持ち込めるのがソフトバンクの強さ」と主張。さらに「このまま(ずっと)打てないということはない。いつかは打つと思うので、今はよく凌いでいるなと考えている」と続け、わずか2安打でも負けなかったことを評価した。

 また、同じく同日の放送で解説を務めた齊藤明雄さんは「チーム一丸となってやるしかない。5回までは相手先発ピッチャーの狙い球を全員で統一して、逆方向に打つっていう感じでもいいんじゃないか」との見解を示し、チームプレーでの攻略を打開策の1つに挙げた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西