ニュース 2021.06.23. 21:16

阪神、積極走塁が裏目に出て12安打も2点止まり…接戦落とし4失点の藤浪2敗目

無断転載禁止
阪神・藤浪晋太郎
2021.06.23 17:45
中日ドラゴンズ 6 終了 2 阪神タイガース
バンテリンドーム
○ 中日 6 - 2 阪神 ●
<10回戦・バンテリンドーム>

 阪神は中日先発・福谷に12安打を浴びせるも、積極走塁が裏目に出る場面が目立ち2得点止まり。同点の7回に2番手・藤浪が一気に4点を失い接戦を落とした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神打線は1点を追う2回、一死から6番・サンズが中前打で出塁するも、続く糸原の中前打で一走・サンズが三塁を狙いタッチアウト。1点を追う5回は一死一塁で2番・中野がセーフティーバントを決め福谷の一塁悪送球を誘ったが、一気に生還を狙った一走・近本は本塁手前で悠々タッチアウトになってしまった。

 6回に5番・佐藤輝の19号ソロで試合を振り出しに戻したが、6回6安打2失点(自責点1)と粘投した先発・アルカンタラのあとを受けた2番手・藤浪が誤算。二死満塁から4番・ビシエドに押し出し四球を与え決勝点を献上すると、続く堂上に走者一掃の3点適時打を浴び、2/3回2安打3四球4失点の乱調で2敗目(3勝)を喫した。

 打線は8回以降、中日のリリーフ陣に完璧に封じられ2-6で敗戦。福谷に12安打を浴びせ再三チャンスは作ったものの、走塁ミス以外にも拙攻が目立った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西