ニュース 2021.06.24. 21:26

ヤクルト・高橋2連勝で単独2位浮上 村上はキング独走22号

無断転載禁止
ヤクルト・高橋奎二
2021.06.24 18:00
広島東洋カープ 1 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 4 ヤクルト ○
<11回戦・マツダスタジアム>

 ヤクルトが接戦を制し4連勝。試合がなかった巨人を離して単独2位に浮上した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 この試合は中10日で今季2度目の先発登板だった高橋奎二が好投。威力あるストレートを軸に広島打線を4回まで1安打に抑え込むと、5回一死から初四球を許した場面では野手陣に囲まれホッと一息。笑顔で仕切り直し後続を許さなかった。

 3点リードの6回に1番・菊池涼介から3連打を浴びて一死満塁のピンチを迎えた場面では、4番・林晃汰の一ゴロ併殺崩れの間に1点を返されたものの、続く5番・坂倉将吾を中飛に打ち取り、最少失点で切り抜ける粘りのピッチング。

 7回二死無走者から8番・石原貴規に四球を与え、代打・鈴木誠也がコールされたところで降板となったが、6回2/3(90球)を投げて4安打2四球1失点で、今季初登板から2試合連続のクオリティースタート。2番手・梅野雄吾が無失点リリーフで勝利投手の権利を守り、8回からは清水昇、スコット・マクガフの必勝リレーで逃げ切った。

 打線は11安打を放ちながら4得点にとどまったものの、相手先発・高橋昂也の甘く入ったボールを痛打し高橋奎を援護。前日に自打球を受けて途中交代していた村上宗隆は、リーグ2位に3本差をつける22号2ランを放ちフル出場するなど全快をアピールした。

 今季初登板から2連勝となった高橋奎は、試合後のヒーローインタビューで「真っ直ぐは前回同様に良いボールがいっていた。真っ直ぐで押しつつ、ところどころ変化球でもカウントをとれたのが良かった」と充実の表情で投球を振り返り、「自分の仕事をしっかりして、チームの勝ちに貢献できるように頑張っていきたい」と次回登板以降の活躍を誓った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西