ニュース 2021.06.24. 21:20

ヤクルト、4連勝で貯金10!天谷氏「やるべきことをしっかりやっている」

無断転載禁止
ヤクルト・高津臣吾監督
2021.06.24 18:00
広島東洋カープ 1 終了 4 東京ヤクルトスワローズ
マツダスタジアム
● 広島 1 - 4 ヤクルト ○
<10回戦・マツダスタジアム>

 ヤクルトが4連勝で、貯金を「10」とし、単独2位となった。

 ヤクルトは2回に古賀優大の適時打で先制すると、3回は二死走者なしから山田哲人の内野安打で出塁し、続く4番・村上宗隆の第22号2ランで追加点をあげた。

 先発・高橋奎二は広島打線を7回途中1失点に抑える好投。救援陣も梅野雄吾、清水昇が無失点でしのぐと、9回に相手のミスから得点を挙げ、4-1の9回はマクガフが試合を締めた。

 24日にニッポン放送で放送された広島-ヤクルト戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏は、勝利したヤクルトについて「全てのゲームで先制して優位に進めることができましたね。今日の試合も2アウトから古賀選手のタイムリー、古賀選手が出たことによって3回表、1番から始まる。それがまた得点に繋がったわけですからね。うまく歯車が噛み合っていますよね」と振り返った。

 また、天谷氏はヤクルトは「やるべきことをしっかりやっているなと感じますよね。山崎選手を代走で出すタイミングもそうですし、元山選手を守備固めで起用した瞬間に難しい打球が飛んできてアウトにする。全てうまく噛み合っていますよね」と戦いぶりを評価していた。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM