ニュース 2021.06.25. 08:00

広島、ヤクルトに7連敗…天谷氏「早めに手を打つべき」

無断転載禁止
広島・佐々岡監督
 広島がヤクルトに1-4で敗れ、同一カード3連敗を食らった。

 この日は先発・高橋昂也が2回に古賀優大に先制の適時打を浴びると、3回に村上宗隆に2ランを浴び、6回3失点で降板。打線もヤクルトの先発・高橋奎二の前に5回まで1安打に抑え込まれるなど、捉えることができなかった。

 広島はこれで対ヤクルト戦、引き分けを挟んで7連敗となり、今季の対戦成績が1勝7敗2分となった。

 24日にニッポン放送で放送された広島-ヤクルト戦(RCCラジオの制作)で解説を務めた天谷宗一郎氏は、ヤクルトの対戦成績について「そこまで選手たちは苦手意識はないと思いますけど、ここまではっきりと数字が出てしまうと、どこかで苦手なのかなという潜在意識になってしまいますから、早めに手を打つべきではありますよね」と話した。

(提供:Veryカープ!RCCカープナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM