ニュース 2021.06.27. 17:32

阪神、DeNAに3連敗し巨人と2.5差…3被弾の秋山4敗目、大山は4度の好機で凡退

無断転載禁止
阪神・大山悠輔 (C)Kyodo News
2021.06.27 14:00
阪神タイガース 3 終了 8 横浜DeNAベイスターズ
甲子園
● 阪神 3 - 8 DeNA ○
<12回戦・甲子園>

 首位・阪神は投打とも振るわず、本拠地で今季初の同一カード3連敗。7連勝と勢いに乗る2位・巨人に2.5ゲーム差に迫られた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 先発の秋山は初回、4番・オースティンに先制の中越え2ランを浴びいきなり2失点。4回は6番・ソトに3ランを左中間席へ運ばれ0-5と突き放された。5回にも1番・桑原にソロ本塁打を浴び計3被弾。5回8安打6失点と崩れ4敗目(6勝)を喫した。

 打線は2点を先制された直後の1回裏、一死一、三塁の好機を作るも、4番・大山がフルカウント後のボール球に手を出し空振り三振。続く佐藤輝も空振り三振に倒れ反撃の好機を逸した。大山は二死二塁だった3回の第2打席も三ゴロ。1番・近本からの3連続二塁打で2点を返した5回の第3打席は、一死二塁の好機で一飛に倒れた。9回の第5打席も二死一、二塁の好機で中飛に倒れ、この日は4度の好機すべてで凡退するなど5打数無安打1三振。打線のブレーキになってしまった。

 阪神は投打が噛み合わず、5位と低迷するDeNAに3連敗。本拠地・甲子園での連敗も5に伸び、貯金は「17」に減った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西