ニュース 2021.06.28. 06:59

楽天がソフトバンクを3タテ!笘篠氏が指摘した“つなぎ”の意識

無断転載禁止
楽天・茂木栄五郎 (C)Kyodo News
2021.06.27 13:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 3 終了 2 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク

繋がった楽天が7連敗のち4連勝


 楽天がソフトバンとの接戦を制して3タテに成功。4連勝で同率首位をキープした。

 25日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた笘篠賢治さんが「この先のいずれクライマックスとかで当たった時に相手をどう意識するかというところまで繋がってくるような、大事なゲームになるんじゃないか」と語った一戦は、4回に浅村栄斗の6号ソロで楽天が先制すると、島内宏明の四球、茂木栄五郎の右安打で作った二死一、三塁の好機で銀次が適時打を放ってリードを広げた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 その後、6回表に先発の瀧中瞭太が二死一、二塁の場面で足がつって降板すると、急遽マウンドに上がった安樂智大がソフトバンクの中村晃に2点適時三塁打を打たれて同点に追いつかれてしまう。しかし、その裏、島内、岡島豪郎の連打でチャンスをつくり、茂木が適時打を放って勝ち越しに成功。そのままリードを守り、ソフトバンク相手に同一カード3連勝を飾った。

 この一戦を振り返った笘篠さんは、キーワードに“つながり”という言葉を挙げ、「イーグルスのつながった点の取り方はチームの雰囲気が上がるし、連勝も伸びた。さらにホークスに対して3連勝したことで、後半の貴重な戦いにつながっていく」とコメント。

 その“つながり”を感じさせた場面として、勝ち越した6回裏、無死一塁から岡島がライト前にヒットを放ち、一塁走者の島内が三塁を陥れた場面をピックアップ。「バントできっちり(送る)という戦術も使えるところで強行。しかも、つなぐためにはというバッティング。一、二塁間にゴロでヒットを狙いにいって、好走塁でつないで、後ろに良い形でつなぐ。そして、つないだ前のバッターを返す」と一連の攻撃を振り返り、それぞれの意識が結実した得点だったとの見方を示した。

 楽天は今カードの3連勝を受け、対ソフトバンク戦の戦績を4勝4敗3分けのイーブンとすることに成功。苦手意識を一気に払拭するような3タテとなった。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西