ニュース 2021.06.28. 21:48

西武がソフトバンクを下して三つ巴の5割! 平良が38試合連続無失点の日本記録に

無断転載禁止
西武・平良海馬投手
2021.06.28 18:00
福岡ソフトバンクホークス 2 終了 5 埼玉西武ライオンズ
京セラD大阪

 打っては得点圏の鬼が決勝二塁打


 西武がソフトバンクを5−2で下して5割に復帰。その結果、ソフトバンク、ロッテ、西武の3チームが首位まで3.5ゲーム差の勝率5割で並んだ。

 勝てば再び5割に復帰となる西武は、自身5連勝中の先発・松本航が初回、二死から柳田悠岐に二塁打、続く4番・栗原陵矢にはフォークをセンター前に運ばれて失点。先制を許したが、3回にヒットと牽制悪送球、犠打で一死三塁とし、1番・高木渉の今季初安打となる二塁打で試合を振り出しに戻した。

 さらに4回には、先頭の中村剛也がインコースのツーシームをライナーでレフトスタンドまで運び、逆転に成功。6回には森友哉、栗山巧の連打後、中村が四球を選び、無死満塁から得点圏リーグトップの呉念庭が右中間を破る2点適時二塁打を放った。その後、山川穂高の犠飛で1点を加え、5−1とリードを広げる。

 降板後、「立ち上がりは球にばらつきがあってちょっとうまくいきませんでしたが、何とか最少失点で粘ることができました」と振り返った先発の松本は、4回、6回と二死から走者を得点圏に背負ったが、いずれも松田宣浩にいい当たりを許しながら左飛に打ち取り、「今日は調子うんぬんというより、気持ちの部分でしぶとく粘ることができたと思います」と総括した通りの内容で6回を107球1失点、被安打5、与四球3という内容で投げ切った。

 8回に3番手のギャレットが1点を奪われたが、最終回を平良海馬が三者凡退で締めて試合は終了。西武は勝率を5割に戻し、平良は藤川球児氏が2006年に記録した38試合連続無失点の日本新記録に並んだ。

 勝利投手となった松本は今季7勝目をマーク。また、日本記録に対する多少の意識があったという平良は「一歩一歩の積み重ねでここまで来れたので嬉しいです」と喜びを噛み締め、新記録樹立に向けては「変わらずに一歩一歩進んでいきたいと思います」と言葉に力を込めた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西