ニュース 2021.06.30. 21:16

日本ハム、今季初の完封勝利で連敗止める 立野が5回0封の粘投でプロ初勝利

無断転載禁止
楽天戦に先発した日本ハム・立野 (C)Kyodo News
2021.06.30 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 0 終了 3 北海道日本ハムファイターズ
楽天生命パーク
● 楽天 0 - 3 日本ハム ○
<14回戦・楽天生命パーク>

 日本ハムは5投手が無失点リレーでつなぎ今季初の完封勝利。4四球を与えながらも5回3安打無失点と粘った先発の2年目・立野和明投手(23)が、うれしいプロ初勝利をマークした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 立野は初回、安打と四球で無死一、二塁のピンチを招くも、3番・浅村を投ゴロ併殺斬り。その後、連続四球を与え二死満塁としたが、6番・黒川を中飛に退け無失点スタートを切った。1点を先制したもらったあとの2回と3回も得点圏に走者を背負ったが、要所を締めゼロ行進。4回と5回は2イニング連続で3者凡退をマークし、5回81球、3安打無失点、3奪三振4四球の粘投で勝利投手の権利をつかんだ。

 1点リードの6回は2番手・河野が危なげなくゼロを刻むと、7回は3番手・堀が一死二塁のピンチを招くも、右翼・近藤のダイビングキャッチにも助けられ無失点。3点リードに変わった8回以降はロドリゲス、杉浦の継投で締め、立野はプロ3登板目にして待望の初勝利、杉浦は13セーブ目(2敗)を記録した。

 打線は楽天先発・田中将に対し、2回に6番・渡邉の右前適時打で先制。8回は2番手・森原から5番・野村が中前2点適時打を放ち3-0とリードを広げた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西