ニュース 2021.07.02. 21:23

【中日】山崎武司氏、初回の失点に「何が反省点かというと…」

無断転載禁止
中日・柳裕也
2021.07.02 17:45
中日ドラゴンズ 3 終了 9 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム
● 中日 3 - 9 ヤクルト ○
<12回戦・バンテリンドームナゴヤ>

 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された2日の中日-ヤクルト戦で解説を務めた山崎武司氏が、中日が初回に失点した場面について言及した。

 先発の柳裕也は初回先頭の塩見泰隆に二塁打を打たれると、2番・青木宣親に対し簡単に追い込み、3球目のチェンジアップをセカンドゴロに打たせ、二塁走者の塩見を三塁に進められた。続く山田哲人にライトへの犠飛で、先制点を許した。

 この失点に山崎氏は「形上は全然1点は仕方がないんですけど、何が反省点かというと、青木なんですよね」と指摘。

 「簡単に2ストライクとったでしょう。そこから3球目に高めのチェンジアップを投げているんですよ。だったらさすがの青木も引っ張りますよね。結局、進塁打という形で緩い球で高めだったら、青木の技術ならば引っ張ることは可能なんですよ。そこらへんのプランがなっていないなと。非常にもったいなかったと思って見ていました」と厳しかった。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM