ニュース 2021.07.04. 16:30

阪神、最下位の広島に負け越し…痛恨の逆転負け、佐藤輝ワーストの1試合5三振

無断転載禁止
阪神・矢野監督 (C) Kyodo News
2021.07.04 13:30
広島東洋カープ 4 終了 3 阪神タイガース
マツダスタジアム
○ 広島 4 - 3 阪神 ●
<10回戦・マツダスタジアム>

 阪神は一時3点リードを奪うも痛恨の逆転負け。最下位に沈む広島との3連戦に1勝2敗で負け越した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神は初回、先頭の近本が三塁打で出塁すると、続く糸原の一ゴロの間に近本がホームイン。打者ふたりで先制点を奪った。3回は二死一塁で3番・サンズが14号2ランを左翼席へ。3-0とリードを広げた。

 しかしその裏、先発の秋山が2失点。秋山は4回の攻撃で代打を送られ、3回4安打2失点で降板した。1点リードの5回、3番手の石井大が二死一、三塁のピンチを招き降板すると、代わった岩貞が5番・坂倉に2点適時二塁打を浴び3-4。早めの勝負手が裏目に出て試合をひっくり返されてしまった。

 打線は4回以降も再三チャンスは作ったものの、好機での一本が出ずゼロ行進。1点を追う9回は相手守護神・栗林を攻め一死一、二塁としたが、最後は5番・佐藤輝、6番・大山が連続三振。佐藤輝はプロ入り後ワーストの1試合5三振を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西