ニュース 2021.07.04. 17:59

ヤクルト、ドローも阪神に接近3.5差 石川5回0封、塩見は復調気配の猛打賞

無断転載禁止
ヤクルト・塩見泰隆
2021.07.04 14:00
中日ドラゴンズ 3 終了 3 東京ヤクルトスワローズ
バンテリンドーム
中日 3 - 3 ヤクルト
<14回戦・バンテリンドーム>

 試合は9回で決着がつかず今季の規定により引き分け。逃げ切りに失敗したヤクルトは4連勝を逃したが、広島に敗れた首位・阪神とのゲーム差は3.5に縮まった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ヤクルトは初回、中前打で出塁した1番・塩見を二塁に置き、4番・村上の中前適時打で先制。2回は一死一、二塁で9番・石川が送りバントを失敗したが、続く塩見の左前適時打で2点目を奪った。1点差に迫られた7回は、5番・オスナの左前適時打で3点目。再び2点差とした。

 塩見は4回の第3打席でも二塁打を放ち、5打数3安打1打点と活躍。6月は月間打率.209と苦しんだが、7月は4試合で早くも3度目のマルチ安打と復調傾向だ。

 先発の石川はこの日も丁寧な投球が光り、5回67球、3安打無失点、1奪三振1四球の好投。2点リードの6回から継投に入ったが、2番手の星、4番手の清水がそれぞれ本塁打を浴び、石川の今季4勝目はお預けとなった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西