ニュース 2021.07.06. 21:34

楽天・則本昂大が8回2失点の好投で連敗ストッパーに!ディクソンの一発が決勝打

無断転載禁止
楽天・則本昂大
2021.07.06 18:00
オリックス・バファローズ 2 終了 7 東北楽天ゴールデンイーグルス
京セラD大阪

 2回以降は単打1本のみ


 5連敗中の楽天が首位・オリックスとの接戦を制し、7試合ぶりの白星を手にした。

 チームを勝利に導いた立役者のひとりが、先発の則本昂大だった。楽天は初回、4番・岡島豪郎の適時打で先制したが、その裏に則本昂が四死球と内野安打で二死満塁のピンチを背負い、安達了一の適時打で逆転を許してしまう。

 しかし、3回に浅村栄斗のソロで試合を振り出しに戻すと、「初回に失点したけれど、その後は配球も含めて切り替えてやれたのが良かった」と振り返った則本昂が2回から8回まで安定した投球を披露。その間、許した走者は単打による1人のみで、8回を100球、被安打3の2失点という内容で降板した。

 すると9回表、この回の先頭打者・ディクソンがオリックスの守護神・平野佳寿の浮いたフォークを右中間スタンドに運んで勝ち越し。さらに後続が続いて、この回に一挙5得点を奪った。

 最後は守護神の松井裕樹が、トレードで加入したばかりの炭谷銀仁朗とバッテリーを組み、三者凡退フィニッシュ。8回を投げ切り今季7勝目を挙げた則本昂は「前半戦、残り少ないので、少しでも首位に近づけるように頑張っていきます」と、残り7戦での巻き返しを誓った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西