ニュース 2021.07.09. 20:55

日本ハム・伊藤、7回1安打無失点の快投で7勝目 球団新人34年ぶりの6連勝!

無断転載禁止
日本ハム・伊藤大海 (C) Kyodo News
2021.07.09 17:45
千葉ロッテマリーンズ 1 終了 6 北海道日本ハムファイターズ
ZOZOマリン

● ロッテ 1 - 6 日本ハム ○
<9回戦・ZOZOマリン>

 投打が噛み合った日本ハムは3連勝。先発のドラフト1位・伊藤大海投手(23)が7回1安打無失点の快投で7勝目(4敗)を挙げ、自身6連勝は球団新人では34年ぶりの快挙となった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 5月28日の中日戦(札幌ドーム)から5戦5勝のルーキーは、この日も立ち上がりから安定した投球。球威のある直球と強弱をつけたスライダーを軸に、5連勝中のロッテ打線を初回の内野安打による1安打に封じ込めた。

 打線の援護を得た中盤以降も安定感は揺るがず、7回121球、1安打無失点、7奪三振3四球の快投。東京五輪に臨む野球日本代表「侍ジャパン」にも追加招集されたドラ1右腕は、新人時代に10連勝した1987年の西崎幸広以来、球団では34年ぶりとなるルーキーでの6連勝を達成。防御率は2.42に良化した。

 打線はロッテ先発・佐々木朗に対し、2回に1番・淺間の2点適時二塁打で先制。5回は4番・近藤の右犠飛などで2点を加えた。7回以降も3番・髙濱の5号ソロなどで2点を追加。先制、中押し、ダメ押しと、理想的に加点しドラ1右腕を援護した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西