ニュース 2021.07.09. 20:28

中日”堅守”で1ヵ月ぶりの連勝 小笠原7回1失点で自己最多6勝目、木下拓V弾!

無断転載禁止
中日・小笠原慎之介
2021.07.09 17:45
中日ドラゴンズ 3 終了 1 横浜DeNAベイスターズ
バンテリンドーム

○ 中日 3 - 1 DeNA ●
<13回戦・バンテリンドーム>

 4位の中日が1.5ゲーム差だった5位・DeNAとの接戦に勝利。交流戦期間だった6月3日以来、約1ヵ月ぶりとなる連勝で借金を「8」に減らした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 中日は2回、5番・福留、6番・木下拓、7番・高橋周の3連続単打で無死満塁の好機を作り、8番・阿部の中犠飛で先制。1-1の同点で迎えた7回は、木下拓が7号ソロを左翼席へ運び勝ち越した。8回は3番・大島の猛打賞となる左前打などで無死一、三塁の好機を作り、4番・ビシエドが犠牲フライを左翼後方へ。3-1とリードを広げた。

 自身2連敗中だった小笠原は、立ち上がりからテンポの良い投球。4回は中堅・大島、右翼・福留が球際の強さを見せ飛球を好捕。5回は左翼・加藤が鮮やかなスライディングキャッチを披露するなどバックも堅い守りで左腕を盛り立てた。

 小笠原は1点リードの6回に同点適時打を許したものの、木下拓の勝ち越し弾で勝利投手の権利をゲット。7回4安打1失点の好投でシーズン自己最多となる6勝目(4敗)を挙げ、9回を締めたR.マルティネスは9セーブ目(1敗)を記録した。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西