ニュース 2021.07.09. 21:41

ロッテの連勝は5でストップ…佐々木朗プロ入り最速157キロも5回4失点で2敗目

無断転載禁止
日本ハム戦に先発したロッテ・佐々木朗希 (C)Kyodo News
2021.07.09 17:45
千葉ロッテマリーンズ 1 終了 6 北海道日本ハムファイターズ
ZOZOマリン
● ロッテ 1 - 6 日本ハム ○
<9回戦・ZOZOマリン>

 ロッテの連勝は「5」でストップ。先発登板した佐々木朗希投手(19)はプロ入り後最速の157キロをマークしたが、5回8安打4失点(自責点2)と踏ん張れず2敗目(1勝)を喫した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 初回、3番・髙濱に対する初球が157キロを計測。立ち上がりは球威のある直球を軸に無失点スタートを切った。しかし2回、安打と四球で二死二、三塁のピンチを招くと、1番・淺間に154キロの直球を左中間へ弾き返され2点を先制された。

 3回、4回は再びゼロを刻んだが、5回は安打と四球で無死一、二塁のピンチを招き、髙濱の投犠打を自ら一塁へ悪送球。この間に3点目を失うと、なおも一、三塁で4番・近藤には右犠飛を許し計4失点となった。中盤以降は球威も落ち、5回85球、8安打4失点(自責点2)、3奪三振3四球の内容で降板。打線の援護もなく勝利投手の権利は得られず、本拠地初勝利はまたもお預けとなった。

 打線は日本ハム先発・伊藤の前に7回までわずか1安打。8回に2番手・ロドリゲスから失策絡みで1点を返したが、完封負けを回避するのがやっとだった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西