ニュース 2021.07.10. 04:57

ヤクルト・内川聖一がサヨナラ打「ここで打たなければ出番はない」

無断転載禁止
ヤクルト・内川聖一
2021.07.09 17:30
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 3 広島東洋カープ
神宮

プロ21年目の男が劇的サヨナラ打


 ヤクルトは9日、神宮球場で広島相手に4-3でサヨナラ勝ち。9回にチーム一丸となって勝利を手繰り寄せた。

 3-2と1点をリードされて迎えた最終回にドラマがあった。

 先頭の中村悠平が四球で出塁し、代走の渡邉大樹が二盗。続くサンタナはレフトへの安打で無死一、三塁とすると、代打の川端慎吾がセンターへ適時打を放ち同点に追いつく。

 さらに、無死一、二塁から犠打や申告敬遠で一死満塁というサヨナラの場面で、代打には内川聖一。

 プロ21年目のベテランは「ここで打たなければ出番はない」と必死だった。カウントは1ボール2ストライクと追い込まれていたが、執念の一打がセンター前に落ちた。

 ヒーローとなった内川は笑顔でナインに迎えられ「すごく明るいというか、雰囲気よくやらせてもらっている」と、ヤクルト移籍1年目からチームに馴染んでいる。

 「やっと力になれたかな」と話した背番号「7」は、これからもチームの勝利のためにバットを振る。

 「何とかしようという気持ちを形にできているのがスワローズの強いところ」。上位追撃へ、頼もしい男がスワローズにはいる。


取材・文=別府勉
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西