ニュース 2021.07.10. 08:00

田尾氏、サヨナラ負けの広島に「4番が打った時は勝たないと」

無断転載禁止
広島・鈴木誠也
2021.07.09 17:30
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 3 広島東洋カープ
神宮

○ ヤクルト 4x - 3 広島 ●
<11回戦・神宮>

 広島が3-2の9回にフランスアが2点を失いサヨナラ負けを喫した。

 広島は4番・鈴木誠也が4回に先制本塁打、1点を追う8回には逆転2ランを放った。3-2のまま9回を迎え、広島は守護神・栗林良吏ではなく、フランスアがマウンドへ。

 そのフランスアが四球と安打で無死一、三塁としてしまうと、川端慎吾に同点打、内川聖一に適時打を浴びサヨナラ負け。

 9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-広島戦』で解説を務めた田尾安志氏は「4番が活躍して勝てないのはよくない。4番が打った時は勝たないといけない。その事情がなかったら栗林を出しますから、それを差し置いてでも栗林を出す場面だったなと思いますね。結果論ではなくてね。(ベンチに)入ってますからね。投げさせないなら外せばいいんですよね」と、栗林を投入しなかった采配に疑問に感じたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM