ニュース 2021.07.10. 18:44

ヤクルト原が危険球退場 今季初登板も広島・上本に頭部死球、3回2/3で降板

無断転載禁止
ヤクルト・原樹理
2021.07.10 17:30
東京ヤクルトスワローズ 0 終了 5 広島東洋カープ
神宮

大下が2番手として緊急登板


 ヤクルトの原樹理投手(27)が10日、本拠地・神宮での広島戦に先発登板したが、4回に危険球による退場を命じられた。

 原は今季初登板初先発。2回に2点を失い先制を許したが、3回は2番から始まる上位打線を3人で斬り立ち直りの兆しを見せていた。2点ビハインドの4回もテンポ良く二死を奪ったが、セーフティーバントの構えを見せた7番・上本に対する初球がすっぽ抜け、後頭部付近をかすめる死球。これが危険球となり退場を命じられた。

 ヤクルトは急遽、2番手として大下が登板。原の今季初登板の成績は、3回2/3(49球)を投げ4安打2失点、2奪三振1死球となった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西