ニュース 2021.07.10. 20:36

広島、対ヤクルト11戦ぶりの勝利 力投の大道4勝目、救援陣は見事な火消し

無断転載禁止
広島・大道温貴 (C)Kyodo News
2021.07.10 17:30
東京ヤクルトスワローズ 0 終了 5 広島東洋カープ
神宮

● ヤクルト 0 - 5 広島 ○
<12回戦・神宮>

 広島はヤクルト戦の連敗を「8」でストップ。5度目の先発となったドラフト3位・大道温貴投手(22)が、8回途中2安打無失点の好投で4勝目(2敗)を挙げた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 大道は緩急自在の投球でヤクルト打線を翻弄。テンポ良くアウトを重ね7回まで1安打ピッチングを展開した。3点リードの8回、先頭の5番・オスナに2安打目となる左前打を許すと、続く中村の三ゴロを三塁・三好が捕球ミス。バックの失策でピンチを招き、続くサンタに四球を与えたところで降板となった。

 広島は無死満塁の大ピンチだったが、2番手・バードが代打・川端を三ゴロに仕留め本塁封殺。新助っ人左腕がワンポイントの役割を果たすと、なおも一死満塁で登板したコルニエルが、代打・内川、続く1番・塩見を連続三振に仕留めた。

 大道はリリーフ陣の火消しにも助けられ、先発転向後2勝目をマーク。5点リードの9回はドラフト2位の森浦が打者3人を完璧に抑え、完封リレーで試合を締めた。

 打線は2回、8番・石原の右前2点適時打で先制。8回は5番・坂倉が3号ソロを左翼席へ運び3点目を加えた。9回は1番・野間の右前適時打などで2点を追加。投打がガッチリと噛み合い、ヤクルト戦の白星は2分けを挟み11試合ぶりとなった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西